フィリピンではまだ現金が万能。クレジットカード払いが普及しない理由。

そこらへんのおじさん
アンジー君、フィリピンではまだ現金がないと困ることが多いよね。
管理人のアンジー
そうですね、コンビニでもクレジットカードは使えないですからね。
そこらへんのおじさん
でもフィリピンで高額の現金を持ってると怖いし、もう少し便利にならないものかね(´Д`)
管理人のアンジー
今のフィリピンじゃ中々難しそうですね(´Д`)

こんにちは。今晩は。管理人のアンジーです。

日本人なら持っていて当たり前のクレジットカード。今では海外旅行に行くならクレジットカードがないと行きづらくなりましたよね。

海外のATMではカードで現金を引き出すことができますし、航空券もクレジット決済が一般的です。

しかしこれは日本での話です。アンジーが暮らしているフィリピンではクレジットカードを持っているフィリピン人は少なく、銀行口座すら持っていないフィリピン人が多いのです。なのでフィリピンでの支払いは基本的に現金支払いになるのです。

ということで今回の記事はフィリピンの支払い方法事情について紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンでは現金払いが基本。クレジットカードが普及しない理由。

大半のフィリピン人がクレジットカードを作れない

フィリピン人がフィリピンでクレジットカードを作る場合、基本的に3つの条件を満たす必要があります。

1.過去に犯罪歴がない。

2.ある程度の資産を保有している。

3.安定した収入がある。

この3つを満たす必要があります。この3つの条件を満たしているフィリピン人はそう多くいません。実際にフィリピンのクレジットカード普及率は8%強です。8%と聞くと意外と多いように感じるかもしれませんが、日本の普及率が200%を超えているので、いかにフィリピンのクレジットカード普及率が低いか分かりますね。

フィリピンでクレジットカードを所持しているのは富裕層のみ

フィリピンでも富裕層はクレジットカードを持っています。

実際に少し高級なスーパーへ行くと支払いをクレジットカードで済ませているフィリピン人も多いですね。まあフィリピンの富裕層は日常的にお金を動かしているのでクレジットカードを持っていないと不便なのです。

逆に言えばクレジットカードを所持しているフィリピン人はある程度の財力があると判断してもいいと思います。

フィリピンの貧困層は銀行口座すら持っていない

先進国の中では格差が大きいと言われている日本ですが、フィリピンの格差はもっとすごいものです。

フィリピンの銀行では口座維持のためにある程度の金額を口座に残しておく必要があります。アンジーが作ったフィリピンの銀行の最低貯金金額は1万ペソでした。

フィリピンの貧困層にとって1万ペソは大きな額なので、中々口座を維持できるフィリピン人がいないのです。

フィリピンでクレジットカードが使える店は限られている

日本ではクレジットカードが当たり前に使える店でも、フィリピンでは使えません。

例えばコンビニ。日本のコンビニでの支払い方法はたくさんありますが、フィリピンのコンビニではクレジットカードすら使うことができません。

SMやロビンソンなどの大きなモールの専門店やスーパーマーケットではカード払い可能ですが、街にある小さな小売り店ではクレジットカードが使えないことがあります。

フィリピンではある程度の現金を持っておく必要がある。

フィリピンではクレジットカードが使えない店が多くあるということが分かったと思います。

普段の海外旅行の支払いはクレジットカードに頼っているという方もフィリピンではある程度の金額の現金を持ち歩く必要があります。

クレジットカード未対応の店に入って、カードしかなかった場合、食い逃げをう疑われてしまう可能性も否めないですからね。

いづれはフィリピンでも現金を持ち歩かなくていい時代がやって来るだろう。

中国では現金を持ち歩かなくてもスマホ決済やクレカ支払いで済んでしまいます。その辺は日本よりも進んでいると言えるでしょう。

フィリピンでのスマホの普及率は高いので、いつかはスマホでの支払いも流行ってくることでしょう。

まあもしもフィリピンで簡単にクレジットカードが作れるようになってしまったら、使いすぎて払えないという人が大量に出てくるような気もしますが….

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です