フィリピン人の待ち合わせの時間に対する考え方がとんでもない件

そこらへんのおじさん
アンジー君、フィリピン人の待ち合わせに遅れてくるのどうにかならないのかな?
管理人のアンジー
時間をきっちり守るフィリピン人もいるんですけどね(;´Д`)守らないフィリピン人は明らかに多いですもんね(;´Д`)
そこらへんのおじさん
そのくせこっちが遅れると結構怒られるし(´Д`)
管理人のアンジー
もうここはフィリピンだから仕方ないと思う事が一番かもしれませんね。考え過ぎても染み付いた習慣を改善するのは簡単なことではないですよ(;´Д`)

こんにちは。今晩は。管理人のアンジーです。

日本人Aさん「僕のフィリピン人の彼女は待ち合わせの時間に必ず遅れてきます。」

日本人Bさん「僕のフィリピン人の友人は待ち合わせに遅れてきて、毎回フィリピンタイムだと言い訳します。」

日本人Cさん「待ち合わせの遅刻はある意味フィリピンの文化だと思います。私はそんなに気にしませんけどね。」

フィリピン人と長い付き合いがある日本人の方ならば今までに一度はフィリピン人と日本人の時間の考え方の違いに悩んだことがあると思います。

ということで今回の記事ではフィリピン人の待ち合わせの時間に対する考え方などを考えていきましょう。

フィリピン人の時間に関する考え方がとんでもない件

一部のフィリピン人の4:59は4:00と同じ

これは実話なのですが、数日前にアンジーが大学に入学して間もない頃にできたフィリピン人の友人と久しぶりに会いました。

その際に待ち合わせの時間を5時にしました。その日は渋滞が酷いと予測していたため、アンジーは早めに起きて早めに家を出発しました。

それでもアンジーの予想を遥かに超える渋滞に巻き込まれ、待ち合わせの時間に5分ほど遅れそうだったので、その旨を伝えるために友人に電話をかけました。

電話に出た彼は明らかに家にいるようでした。それどころか今起きたのではないかくらいの感じで電話に出たのです。

これは非常にとんでもない事態です。アンジーが早起きした努力は何だったんでしょうか。早めに家を出た努力は何だったんでしょうか。遅刻しそうになり焦った気持ちは何だったんでしょうか。

そんなことも意に介さず、友人はもうすぐ家を出ると言い放ち、電話を切りました。

フィリピンで生活する上で、時間に対する考え方は見直さなければならないのかもしれない

実は上で挙げた例のようなことは今までに何度かありました。

今回結局会えたのは待ち合わせの時間から約1時間30分経ってからでしたが、待ち合わせの時間丁度に来るフィリピン人は中々いないでしょう。

更に一部のフィリピン人は仕事にも平気で遅れてくるというド根性を持っており、そのど根性に関しては尊敬してしまう時も多々あります。

このアンジー様をフィリピンで待たせるなんて何と愚かなことよ

実はちゃっかり傲慢なアンジーは人を長時間待つことがすごく苦手です。まあ30分くらいなら全然待ちますが、1時間を超えてくると一気にアンジーの傲慢な部分がでてしまいます。

アンジー「この私を待ったせるとは何とも愚かな人間なのだ」

なんてね( *´艸`)

 

ではまた次の記事で。ば~い。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です