フィリピンってどんな国?フィリピンの歴史や暮らし。

今僕が住んでいる国、それがフィリピンです。正式名称をフィリピン共和国といいます。

今までのフィリピン生活の中で日本との違いを心から実感しました。昔は毎日早く日本へ帰りたいと思っていた日々でしたが、今ではそんなこともなく、フィリピンのいい所も認められるようになり、フィリピンが好きですんでいる日本人の方の一員になれたのではないかと思っています。

フィリピンには日本人とあまり関わりたくないという方もいますが、僕はフィリピンでも積極的に日本人の方と関わっていたいと思っています。腐っても僕は日本で生まれ育った日本人ですからね。

ということで今回の記事ではフィリピンは一体どんな国なのか、フィリピンの歴史や文化はどうなっているのかを僕が知っている限り紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリピンってそんな国?フィリピンの歴史や文化

フィリピンの印象

フィリピンと聞いてどんなことを想像しますか?

日本で流れるフィリピンのニュースといえば、最近ではドゥテルテ大統領に関することばかりでしょうか。またイスラム過激派勢力がミンダナオ島で暴れているということもニュースで流れていましたね。

そう、フィリピンはまさに変わった国です。数年間フィリピンに住んでるアンジーから見てもフィリピンは非常に変わった国です。

フィリピンが変わった国だといいましたが、決してフィリピンがダメな国だとは言っていません。あくまで変わっているというだけです。

フィリピンってどんな国?

フィリピンって一体どんな国なのか。軽く紹介しておきましょう。

フィリピンは東南アジア地域にある7109個の島からなる島国です。人口は約1.1億人。今も人口は増え続けています。

首都はマニラ、観光地としてはセブ島が人気です。国語はタガログ語で公用語は英語です。地域によって話されている言語が違い、フィリピン国内で80前後の言語が話されています。

そしてフィリピンはASEAN唯一のキリスト教国で、多くの協会を見ることができます。

フィリピンの歴史

日本が関わった事件やフィリピンにとって大きな事件などを砕いて紹介します。

日本の旧石器時代くらいの頃に中国やマレー諸島からモンゴロイドがやって来ました。そして日本の縄文時代くらいの頃に新しい人々がマレー半島からやって来ました。そして日本の弥生時代くらいの頃に先に来ていた人々と新しくやってきた人々が仲良くなりました。

日本の古墳時代くらいまでに様々な国の影響を受けて、フィリピンの文化が形成されました。日本の鎌倉、室町時代くらいになってくると、イスラム商人の影響を受け、フィリピンにイスラム教が広まります。

武田信玄が生まれた1521年にはフェルディナンド・マゼランがフィリピンのセブ島へ到着し、キリスト教を広め、スペインの領土になることを主張のラプ・ラプ勧めましたが、ラプラプは反抗し、マゼランさんを殺してしまいました。今でもラプラプはフィリピンの英雄として語られています。

徳川家康が生まれた1542年にはスペインの遠征隊がフィリピンへ到着し、当時の王子の名前フェリペ皇太子にちなんでフィリピンと名付けました。そうです、これがフィリピンの由来です。

三方ヶ原の戦いが起きた1572年にフィリピンはスペインの支配下になりました。このころからフィリピンではキリスト教が大きな力を持つようになりました。

しかしスペインの占領をよく思わない人も多く、首都マニラでは度々暴動が起きていました。その時に造られた要塞がイントラムロスです。

その後、スペインのフィリピン統治は長く続きます。そして19世紀になってくるとフィリピン国内でも権力を持った人々が現れます。

そして伊藤博文が第5代大統領に就任したころ、フィリピンではホセ・プロタシオ・メルカード・リサール・アロンソ・イ・レアロンダ(ホセリサール)がフィリピン民族同盟を結成しましたが、スペインへの反逆罪として逮捕されます。

1896年にはアンドレス・ボニファシオが率いるカティプナンという組織が武力蜂起を決行した結果、ホセリサールは処刑されました。しかし内部の権力争いもあり、この革命はうまくいきませんでした。

その後、ボニファシオとの権力争いで勝ったエミリオ・アギナルドはボニファシオを処刑しました。

その後米西戦争によって敗北したスペインはアメリカにフィリピンを譲りました。その結果フィリピンはスペインの土地からアメリカの統治に変わったのです。

1935年にはケソン市の名前の由来にもなっているケソンさんが初代大統領として就任しました。

1942年からは日本軍の統治下に置かれました。その間に日本軍の残虐な行為に反日感情を抱いたフィリピン人は多くいたといいます。そして1945年には日本軍の占領から解放され、アメリカの統治に戻りました。

そして1946年、フィリピンはフィリピン共和国として正式に独立したのです。

フィリピンは危険なのか

フィリピンで生活していると日本に居た頃の100倍聞く頻度が多くなった「治安」や「危険」という言葉。

フィリピンに興味があっても治安面が心配でフィリピンへの旅行をためらっているという人も多いはずです。実際に僕が友人にフィリピンへ来てみないかと提案すると、開口一番にフィリピンの治安について聞かれます。

しかしフィリピンの危険も人によるとしか言いようがありません。一般的に普通と呼ばれる生活をしていて命を落とほどの事件に巻き込まれることはないと言っても過言ではないでしょう。

羽目を外してフィリピンで遊んでしまったり、フィリピンで悪いことを企んだりしている人が危険だということでしょう。

フィリピンの物価は?

昔からフィリピンで生活している方曰く、昔のフィリピンの物価は魅力的だったそうなのですが、現在の物価はちっとも魅力的ではありません。

それどころか一部の人達は東京の物価よりも高いと言っています。さすがにそれは言い過ぎかもしれませんが、実際にフィリピンの物価は安くありません。

フィリピンの物価については以下の記事に詳しく書いてあるので、そちらをぜひご参照ください。

フィリピンの物価は庶民からしたら地獄

フィリピンの物価の上昇がとんでもない

フィリピンへ旅行するならどこ?

フィリピンへ旅行する目的は様々でしょう。

ある人は興味本位で、ある人はフィリピンの綺麗な海を堪能したい、ある人は綺麗なフィリピン人女性のため。

僕がおすすめするのはやはりフィリピンの綺麗な海でのんびりすることです。フィリピンには綺麗なビーチが多くあります。有名なのはセブ島やボラカイ島ですが、まだまだ他にもフィリピンには綺麗な海がたくさんあります。

そしてマニラも外せないでしょう。特に東南アジアの貧富の差を体験してみたい人は来てみるべきです。僕は初めてマニラに来た日はとんでもない衝撃を受けました。とんでもなくでかい衝撃でした。

フィリピン留学に関して

フィリピンで生活していると、フィリピン留学を通してフィリピンに興味を持つようになる日本人の方が多いように感じます。

特に留学中にフィリピン人の彼女や彼氏を作った人がフィリピンで働くようになるなんてことが起きています。なんという強い愛( ;∀;)

そんなこともありますし、フィリピン留学は他の国と比べて非常に安く済むという点から、おすすめです。しかしネイティブレベルの英語を本気で真剣に学びたいという方にはおすすめできませんね。そういった方はやはり英語圏の国へ行ったほうがいいと思います。

本当に上手い英語を話すフィリピン人はそこまで多くいません。僕が言えることではありませんが…

一回フィリピンへ来てみましょう!!

一回フィリピンへ来て見て下さい。

何人かに一人はフィリピンで永住したくなるほどフィリピンを気に入るはずです。

もしも僕の時間が空いていたら無料ガイドでもやりますよ(気が向いたら( ;∀;))

 

ではまた次の記事で。ばーい。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です