フィリピンのコールセンターは自動化により働く人が少なくなるらしい。

そこらへんのおじさん
アンジー君、フィリピンのコールセンターで働いている人って本当に多いよね。
管理人のアンジー
そうですね。フィリピン人の英語はどこの国の人でも理解しやすいですし、英語を堪能に話す人は多くいますからね。
そこらへんのおじさん
そして人件費が安い( *´艸`)
管理人のアンジー
そうですね。自国の人を雇うよりも安くなるのでしょうね。

こんにちは。こんばんは。管理人のアンジーです。

フィリピンでは多くの人がコールセンターで働いています。特にカスタマーサポートを受注するアウトソーシングの会社が多く存在しています。

フィリピンではコールセンター分野がフィリピン経済に非常に大きな影響を与えています。大学を卒業して、英語が堪能であるならエアコンがあるオフィスのコールセンターで働きたいフィリピン人は多いでしょう。

しかし最近、フィリピンのコールセンター分野でAIによる自動化による失業者の増加が懸念されています。

ということで今回の記事ではフィリピンのコールセンターについて紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンのコールセンターがAIに脅かされているらしい

フィリピンのコールセンターの仕事はエリートの仕事

アンジーがフィリピンの大学に通っていた時から学生の間ではコールセンターの仕事がすごく人気でした。

日本ではコールセンターの仕事はあまり人気がないのですが、フィリピンではすごく人気な職業なのです。特に大学を卒業し、英語が堪能に話せるフィリピン人からの応募が多いのです。

フィリピンではコールセンターで働くことがある一種のステータスとなっています。コールセンターで働く人=英語が話せて高学歴な人という印象があるのは確実でしょう。実際にコールセンターで働いているフィリピン人は英語を上手に話しますし、上手に話せないとクビにされてしまうのです。

フィリピンのコールセンターで働くフィリピン人の給料

フィリピンのコールセンターで働く人の給料は一般的な企業の給料の2倍近くあると言われています。

高層ビルのオフィスで働くことができるコールセンターは非常に人気の職で、銀行員などの職業よりも人気があるかもしれません。

基本的に給料は2万ペソくらいといわれているので、フィリピンの平均給料と比べると相当高いと思います。さらにオフィスも快適なので人気なのです。

AIの自動化によってコールセンターで働くフィリピン人が減少する!?

今ある仕事の多くがAIによって沙汰されてしまうと言われていますが、アンジーが思うに、AIができることはあくまでマニュアルに沿った対応のみです。現時点では。毎回同じことを言うコールセンターの業務ならAIで十分かもしれませんが、柔軟な回答が必要となる分野のコールセンターはやはり人が必要になると思います。

しかし特にコールセンターなどの自動化は簡単と言われています。

アンジーがやったことがあるバイトの中で段ボール製造というものがあります。段ボールの製造は何とか機械でやっていたのですが、積み込みや段ボールに異常がないかなどの検査は人間が手作業でやっていました。

そこの段ボール製造会社は中小零細企業で積み込みのAI搭載ロボットを買う資金がありませんでした。いくら世の中に便利な機会があるからといってすべての企業が高い設備投資を行えるわけではないのです。むしろAI搭載のロボットなどを購入できる企業のほうが少ないでしょう。

ではコールセンターなどの自動化はどうでしょうか。コールセンターをAIに対応されるのはロボットほど高くはありません。簡単な対応なら対応プラグラムにマニュアルを組み込むだけでいいのですからね。

そうなると単調な対応だけでよかったコールセンターはAIにシフトしていくでしょう。

フィリピンのコールセンターが自動化されることによる失業者の増加

AIによってフィリピンのコールセンターが自動化されるということは、失業者の増加を意味します。

フィリピンのコールセンターで働いている多くの人はフィリピンの大学を出たエリート達です。そのエリートたちが職を失えばほかの就職先に流れていきます。

そうなれば今はそこまでハードルが高くない就職先でも学歴がないフィリピン人が就職するのが困難になります。

結果、現在よりも働かないフィリピン人が増えてしまうのです。学歴がないフィリピン人がフィリピンで普通の職に就くのは簡単なことではありません。経済成長の裏にはフィリピンならではの問題がたくさんあるのです。

雇用が多く生まれる製造業などは海外の企業が、フィリピンのとんでもなく高い電気代や治安の悪さが障壁となっています。電気代に関しても通信インフラに関しても外資系の企業をどんどんフィリピンへ招聘することで雇用を生み出すのが一番の方法なのではないかと思います。

製造業なら頭を使わなくていい仕事がたくさんあるので、エリートだけではなく、現在働いていないフィリピン人たちも働くことができるようになります。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です