フィリピンのビザは14種類あるらしいので徹底解説しようと思う。

こんにちは。管理人のアンジーです。

昔からフィリピンのビザについては適当な知識しかなかったので、現在あるビザの種類、特徴や取得方法についてまとめていこうと思います。

ちなみに今回は他のサイトやブログの情報を完全にパクッていういやらしいものになっているのですが、自分でビザの種類を調べるのは少々骨が折れてしまうので、勘弁してくださいね。

スポンサーリンク

フィリピンのビザは全部で14種類あるらしい

①フィリピンに入国した際無料でもらえる30日間のビザ

フィリピンへ旅行などの目的で訪れた際にもらえる、30日間の滞在許可です。

日本のパスポートを所持している場合は、この30日間の滞在権利は誰でも付与されます。

気を付けたいのは30日間を超える滞在の場合、観光ビザや他のビザに変更しなくてはならない点です。その場合は移民局(イミグレーション)へ行き、ビザ移行の手続きを行う必要があります。

そしてこのビザにはフィリピンから出国する際の航空券を所持していることが条件となります。なのでフィリピンへ行く際は捨てチケットというフィリピン発の安いチケットを購入し、キャンセルするという方法を使っている方も多くいます。

まあ、フィリピンへ30日以内の旅行だけなら日本へ帰るチケットも持っているはずなので、ここはあまり心配しなくても大丈夫でしょう。

②フィリピンの観光ビザ

フィリピンに30日以上滞在する方はこの観光ビザに移行するのが王道だと思います。

他の労働ビザや学生ビザを取得する際にもある程度時間がかかってしまうので、この申請期間に一時的な処置として観光ビザを取得する必要があるのです。

日本でこの観光ビザを取得する際は、3カ月以内にフィリピンへ入国しなくてはならないという決まりがあります。気を付けましょう。

もちろんフィリピンで手続きすることもできます。延長の最短期間は1カ月だったと思いますね。

ちなみにこの観光ビザで外国人が学生になったり、就労することはできません

【手続きに必要なもの】

・有効期限が6カ月以上あるパスポートのコピー

・申請書類(証明写真、経済能力の証明)

・フィリピンでの滞在の理由を証明できるもの

③特別移住退職者ビザ(SRRV)Special Resident Retiree’s Visa

こちらのビザは35歳以上の外国人が対象となっているビザです。

何らかの理由があってフィリピンで長期滞在する人にとってはかなり待遇の良いビザなのだそうです。

このビザを取得すると無制限でフィリピンに滞在することができ、出国や再入国の手続きもいらないというかなり優遇されたビザなのです。

ただし条件があります。

それはフィリピンの銀行に定期預金を行う(貯金する)ことです。

特別移住退職者ビザには「クラシック」と「スマイル」の2種類あり、クラシックは年齢に応じて2万ドル(50歳以上、年金申請では1万ドル=約100万円)ないし5万ドル=(35歳以上50歳未満)の定期預金が必要ですが、ビザ取得後は住宅取得などの投資に使うことができます。

スマイルは35歳以上一律2万ドルで投資への転用はできない。どちらも年会費360ドルを前払いで支払う必要があり、ビザをキャンセルした場合、預託金は全額返金されます。

④特別投資家ビザ(SIRV)Special Investment’s Residence Visa

このビザはフィリピンへ投資する投資家に与えられるお金持ち優遇のビザです。

フィリピンに75000ドルを投資すると貰えるビザです。75000ドルというのはフィリピンの安いコンドミニアムの部屋を買うくらいの値段です。

更新は毎年必要ですが、投資を続ける限り、何年でも滞在することが可能です。

⑤ロングステイビザ(SRVV)Special Resident Visitors Visa

このロングステイビザはコンドミニアムなどの不動産を所有している人、フィリピン退職庁指定の宿泊施設に泊っている方が取得できるビザです。

このビザはフィリピンを出国してしまうと無効になってしまいますし、有効期限が1年なので、あまり人気のないビザのようですね。

頻繁にフィリピンを出るという方なら取得しないほうが良いでしょう。

⑥フィリピンの学生ビザ(Student Visa)

このビザはアンジーが取得したことのあるビザです。

僕が取得した方法をまとめますね。

まずは30日の滞在許可から観光ビザに切り替えます。

そしてフィリピンの大学に入学します。フィリピンの大学に入学して、大学の窓口へ相談すると学生ビザ取得のための証明書のようなものをもらえます。それを持って移民局(イミグレーション)へ行き、学生ビザを申請します。

最近ではこの作業を請け負ってくれる業者がたくさんあるようなので、依頼してもいいかもしれませんね。

有効期限は基本一年で、大学を退学になったり、成績が悪かったりするとビザを打ち切られる残酷さを兼ねそろえています。

⑦特定投資居住ビザ

フィリピン政府が指定している事業に投資すると取得できるビザです。

環境事業なら50000ドル、スービック特別地区なら2500万ドルの投資が必要になります。滞在日数は無制限です。

はっきり言ってどうでもいいビザです。

このビザよりも条件が良いビザはたくさんあります。

⑧条約投資家ビザ

このビザは日本、アメリカ、ドイツの国籍を持っている人のみが対象となっているビザです。

フィリピンで会社を立ち上げて持ち株が30万ペソ以上あることが条件です。

フィリピンでの就労が認められており、毎年更新が必要です。

⑨雇用創作特別ビザ(SVEG)Special Visa for Employment Generation

失業率が大きな問題となっているフィリピンで、政府が新たに制定した、雇用増加を目的とするビザです。

フィリピン国内でフィリピン人を10人以上することが条件となります。10人以上を雇用し続けることで滞在日数は無制限になります。

フィリピンの雇用にも貢献できるので中々魅力のあるビザですね。

⑩特別割当移住ビザ(Quota Immigrant Visa )

国ごとに年50人にのみ発行される最強のビザです。

フィリピンビザの権化とでも言いましょうか。このビザを取得できれば労働も永住も可能となります。

まさに例えるなら神。

この特別割当移住ビザというダサい名前のビザを取得したあなたのあだ名は”ダサ神”で間違いないでしょう。

ですがこのビザを取得するのは非常に難しく、取得したいからといって簡単に取得できるわけではありません。

ちなみにこのビザの毎年のコストはなんと700円程度。そしてなんとこのビザはフィリピンに住んでいなくても取得できるというちょっとヤバいビザでもあるのです。

ヤバいという単語を使う僕をボキャ貧と思われるのは今回も甘んじて受け入れます。

⑪結婚用・永住移住ビザ(Non-Quota Immigrant Visa)

このビザはフィリピンの国籍を持つ人と結婚することで取得できるビザです。

要はフィリピン人と結婚すると獲得できるビザです。

このビザに関しては結婚できる気がしないのでパスします。

⑫バリックバヤン査証 (Balik-Bayan Visa)

このビザはフィリピン人と結婚しているけど、フィリピンのビザを持っていないという人のためのビザです。

フィリピン人が海外に一年以上住んでいて、フィリピンに帰国する際にパートナーに与えられるビザです。

このビザでは労働も可能なので、フィリピンで逆出稼ぎするときなんかに利用できるかもしれませんね。

⑬特別就労許可(Special Working Permit)

フィリピン国内で無報酬の労働をしていることが取得条件になります。

フィリピンで長期のボランティア活動や技術研修を行っている方はこの特別就労許可を取得する必要があるでしょう。

有効期間は6カ月になります。

⑭特別就学許可証(Special Study Permit)

これもアンジーがフィリピンの大学に通っていた時に学生ビザと一緒に取得しました。

現地の大学に通うなら学生ビザとこちらの特別就学許可証がないとダメなようですね。

さらには語学学校へ通う際も必要なビザなので、フィリピンで勉強するという方には必須のビザだと思います。僕の通っていた大学では学校側が取得してくれました。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です