フィリピンでスマホをすられたので警察へ行ったら想定外の出来事が起きた。

スポンサーリンク

フィリピンでスマホを盗まれたので、警察署へ行って相談してきました

フィリピンでスマホをすられた記事

上の記事で語った通り、フィリピンでスマホをすられてしまいました。

フィリピンには悪いテクニシャンがたくさん居て、彼らはスマホのパスワードをいとも簡単に解除してきます。そのため、個人情報やクレジットカード情報の漏洩防止のため、iPhoneには遠隔二重ロックをかけ、クレジットカードも万が一のため停止させました。

非常に迷惑な話です。

あまりにもショックで僕は途方に暮れながらもフィリピンの警察署へ向かいました。

フィリピンの警察署への道程

フィリピンへ向かう途中の道で、僕は、コケました。

大胆にもコケました。実際にはコケてはいませんが、人の捉え方によってはコケたと言えるかもしれません。

ちなみに「コケた」というのは「道で躓きそうになった」という意味です。

フィリピンの警察署の外観

コケながらも家の近くにあるある程度の大きな警察署へ行きました。

門番をする警察官が外国人を見下したかのような視線でこちらを見ています。

「鼻くそつけたろか?おい」

こう言いたい気持ちを我慢して、事情を説明します。

フィリピンの警察官の対応

聡明な僕は事件の経緯を約10秒で警察官に説明しました。

すると警察官は

「スマホを盗まれたんか。それは君が悪い。で、どうしたいんだ?被害届を出しても返ってこないと思うぞ?」

 

なん、だと!?!?

 

俺のスマホが返ってこないと決めつけて(´;ω;`)そんなこと分かってますよ(´;ω;`)でもコンマ数パーセントの可能性を信じてここまで歩いてきたんですよ(´;ω;`)

確かにこの警察官の言うことはごもっともなのです。そもそもスリがスマホを警察に届けるわけありません。さらに警察官が外国人のiPhoneのために捜査をしてくれるわけがありません。

僕の警察署に来るという行為は非常に不毛だったのです。

僕は二重の絶望を味わいました

「俺のエロ動画、必死にダウンロードしたエロ動画、毎日お世話になったエロ動画………..」

僕の頭の中は真っ白になりました。

フィリピンの警察署からの帰路

絶望の中、家へ帰る道の途中で僕は、コケました。

大胆にもコケました。実際にはコケてはいませんが、人の捉え方によってはコケたと言えるかもしれません。

ちなみに「コケた」というのは「道で躓きそうになった」という意味です。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です