フィリピンでマクドナルドのデリバリーを頼んだ結果がこちら

腹が減った。

腹を空かす僕の目の前にあるのは名作中の名作、キングダムの漫画である。

僕はよだれを異常なほどに垂らしながらキングダムの漫画を読む。これで何周目だろうか

漫画に熱中し過ぎて時が経過しているのを忘れているときが多々ある僕の生活では、漫画を読んでいる最中によだれを垂らすのは日常茶飯事の出来事。もう僕のベッドにはよだれの垂れ跡がいくつもついている。

話が逸れてしまったが、マクドナルドのデリバリーと僕のベッドのヨダレは全く無関係なので、忘れていただきたい。

遂に空腹に耐え切れなくなった僕は、何かを思い詰めたかのように立ち上がり、部屋の外へ出る。そして鬼の形相で階段を駆け降り、ロビーへ辿りついた。

ヨダレをたくさん垂らすパンツ一丁の日本人男性を見てガードマンは恐る恐る聞く。「ハウ アールルルル ユー サールルルルルルルルルウウ??」僕は答える。「電話を貸してくれ。」ガードマンは言う「いいだろう。」

ガードマンがイエスと言った刹那、僕はマクドナルドのデリバリー番号である86326へ電話をかけた。

「ハロー。jがおうえじゃおえじゃおwじおあw??」

フィリピン人のエペレーターがタガログ語で何かを言っている。英語でお願いしますと頼むと、とんでもない発音を披露し、僕を驚かせる

「住所を教えてくださいます????????

恐ろしいほどの質問節。その後、住所の他にも電話番号や支払いの際の紙幣の金額を聞かれた。1000ペソで支払うと答えておいた。

以下が僕が注文したメニューだ

・ビッグマック

・Lサイズのコーラゼロ

・Lサイズのフライドポテト

・クリスピーチキンサンドイッチ

・追加のポテトLサイズ

・追加のコーラゼロLサイズ

一人では食べられないだろう量の注文をし、配達員の到着を待つ。電話口では15分程度で到着すると言っていたため、ロビーで待つことにした。

スマホゲームで遊んでいると、いつの間にか20分経過している。

遅いな。まあ渋滞しているのかと思い、スマホゲームを続ける。

 

電話を終わらせてから40分以上が経過している。さすがに遅いのではないかと思ったが、もう少し待つことにした。

するとロビーにマクドナルドから電話がかかってきた。どうやら今から向かうらしい。デリバリーのオペレーターが言うには、配達員が飲み物を入れ忘れてしまったようで、一度引き返したので、遅くなってしまったとのことだ。

仕方がないのでもう15分ほど待つことにした。この時点で、電話をかけてから1時間以上が経過していた。たまらん。

 

そして丁度15分ほど待つと、赤い服を着たマクドナルドの店員がバイクに乗りながらやってきた。「はい、ツゥイマテーン!!」と言わんばかりに軽いソーリーを言われる。

代金を支払って部屋に戻り、ようやく食べ始める。

 

(。´・ω・)ん? 追加で頼んだはずのコーラゼロLサイズが足りないぞ。しかもこの入ってるコーラ、ゼロじゃなく普通のコーラだし、氷入ってない!!しかもポテト全部異常なほどにしなってる!!!!

決め手にビッグマックにレタスが入っていなかった僕は失禁した。

「まあ、パティが入っていないよりはマシかな…」

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です