フィリピンの情報を主に色々な分野に手を出していく!!

フィリワールド

未分類

フィリピンのホームレス家族に情が移ってしまった。。。

更新日:

こんにちは。

フィリピンには沢山のホームレスがいることは皆さんもご存じでしょう。

僕もフィリピンへ来たばかりの頃は、タクシー越しに道端で生活しているホームレスの数に衝撃を受けていました。しかし多くの人からフィリピンのホームレスにお金を渡すのは彼らの為にはならないと聞き、お金を渡すのは本当に命が危なそうなホームレスを発見した時だけにしていました。

しかし引っ越ししたコンドミニアムの近くのセブンイレブンの端っこにいつも大きなごみ袋をベッド代わりにしている40歳くらいの父親と7、8歳くらいであろう可愛い少女(ここで言う可愛いとは単純に仕草が可愛いのであり、小児性愛者ではない。)のホームレス家族に情が移ってしまいました。

彼らは、人が通っても特に物を乞うことはせず、虚ろな目で通行人を眺めているだけです。

そんなある日僕は何を思い立ったのか、彼らにリンゴとバナナを買ってあげました。

渡したときに父親は深々と頭を下げ、娘は英語でセンキューベリーマッチと言いました。

なんとも謙虚な家族なんだ。今までフィリピンのホームレスに食べ物やお金を渡しても、それが当然かのように傲慢な態度で受け取られてきましたが、この家族にはリンゴとバナナのみ、お金は1ペソも渡していないのに丁寧にお礼の気持ちを伝えてきたのです。そして少女が可愛い。(性犯罪者ではない)

シングルマザーが多く存在するここフィリピンで貧困ながらも子供の面倒を見ている父親にも感心できる。

そんなこともあり、気が付くと、彼らの前を通る度に僕は食べ物やお金を渡すようになっていたのです。それはある意味で自己満足でもあり、人を助けている俺かっこいいというヒーロー気取り。まあ、結局は自己満足なわけです。

しかしたとえ毎日100ペソと食べ物を渡していても、彼らを貧困から救う根本的な要因にはなりません。もっと父親に職を与えて、少女に教育を受けさせるなどの抜本的な解決策が必要なのは火を見るよりも明らかであり、現状、僕が行っている行為は、彼らの将来に役立っているとは思えないのです。

かと言って僕が、ホームレスの父親に仕事を与えるような権力はないし、少女を小学校へ行かせるほど経済的な余裕があるわけではありません。結局はその日暮らしの手伝いをしているに過ぎないのです。

さらにこの家族を貧困から救っても、フィリピンにはもっと貧困な人達がいるわけで、さらに言えば日本にもホームレスはいます。もっと言えば、世界にはもっと貧困に苦しむ人たちがたくさんいるのです。

この結論に達した僕は貧困という問題に絶望し、僕にはこの現状を打破する力がないということを悟りました。そして、今自分がやっていることはただ単に自分のエゴであり、自己満足なのだということです。

冷静に考えれば、あのホームレス家族が貧困から脱出するのは非常に難しい現実です。父親はあの状況で職を得ることは難しそうですし、少女は小学校へ行く年齢にも関わらず一日中道端で生活しています。恐らくタガログ語は話すことができても簡単な計算すらできないでしょう。

するとどうでしょうか。彼女がしっかりした職に就くのは難く、貧困の連鎖が続いていくでしょう。もしかしたら簡単にお金を稼ぐために売春婦になってしまうかもしれません。

今は純粋な笑顔でセンキューベリーマッチと言うあの少女が将来は売春婦になってしまう可能性があると考えると、恐ろしいのです。

もう眠いんで寝ますが、この貧困の連鎖、どう思います????

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-未分類

Copyright© フィリワールド , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.