フィリピンのグラブ(GRAB)の使い方や料金について詳しく説明!!

そこらへんのおじさん
アンジー君、最近フィリピンで配車サービスが流行っているらしいじゃないか。あれらは本当に使えるの?
管理人のアンジー
正直道端でタクシーを捕まえるよりもグラブタクシーを予約したほうが快適に移動できると思いますよ。
そこらへんのおじさん
そうなんだ( ゚Д゚)でも簡単に予約できるものなの?
管理人のアンジー
それが問題なんですよね。。。混んでる時間は全く予約できないし、料金も異常に高いんですよね(´;ω;`)

最近フィリピン生活ではもはや必須となってきているグラブタクシー(GRAB)。アプリ一つで出発地点と行き先を選ぶことで簡単にドライバーとマッチングする非常に便利なアプリです。

今までフィリピンでタクシーに乗ろうとすると道端でタクシーを捕まえて乗ることが一般的でした。しかしそれは最近になって大きな変化をみせています。特に都市部のマニラではグラブのドライバーが多く、混雑時以外には簡単に予約できます。

それでは今回の記事では今フィリピンで話題のグラブタクシー(GRAB)の乗り方や料金制度について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

フィリピン生活で必須のグラブタクシー(GRAB)の仕組みと使い方と料金について説明しましょう。

グラブタクシー(GRAB)の乗り方と料金

グラブを予約するのは非常に簡単です。

まずグラブタクシーのアプリをダウンロードします。

 

そして会員登録をします。

会員登録が終わると、次は予約です。自分が乗りたい地点と目的地を入力すると、近くにいるドライバーにその通知が行きます。そしてドライバーがそれを承認すれば、あとはドライバーの到着を待つだけです。

料金は出発地点と目的地を入力したときに提示されるので、その金額から増えたり減ったりすることはありません。そこもまたグラブを利用する利点ですよね。一般のタクシーを利用しているとドライバーの言い値や上昇スピードが異常なメータータクシーに当たってしまうことがありますからね。

ただ、道が渋滞している時間は料金が割り増しになりますし、まず普通の会員ではドライバーが忙しくて予約が取れないと表示されるでしょう。この混雑している時間の料金は普通のタクシーの吹っ掛けドライバーの提示する料金と同じくらいになります。

グラブタクシー(GRAB)には会員のランクがある。

グラブには会員ランクというものがあります。

通常、登録した時点では全員がメンバーです。その上にシルバー、ゴールド、プラチナというランクがあり、プラチナランクになると様々な特典が付きます。その中でも一番の目玉は優先予約ができるようになるでしょう。

プラチナ会員になり優先予約の特典が付くと、恐らく混雑時でも簡単に予約できるのでしょう。

ただ、このプラチナ会員になるまでには相当グラブを乗りこなさないとならないでしょう。

グラブタクシー(GRAB)のポイント制度

グラブの会員ランクはポイントをその月にいくら獲得したかで決まります。

そしてそのポイントはグラブを利用することで貯めることができます。

上の画像の通り、グラブペイというグラブタクシーの支払い方法を利用することで効率よくポイントを獲得することができるのです。通常、グラブタクシー専属の車はグラブカーと呼ばれています。このグラブカーのポイントはグラブペイで支払うとなんと10ペソ毎に8ポイントを獲得できますが、メータータクシーを呼ぶグラブタクシーの場合は、グラブペイで支払っても2ポイントしか獲得できません。

なのでグラブのポイントを貯めたい時はグラブタクシーではなく、グラブカーで予約すると良いでしょう。基本的にグラブカーを予約するとトヨタのVIOSやヒュンダイのアクセントなどの車が来ます。対してグラブタクシーを予約するとグラブと契約している白いメータータクシーがやって来ます。

さらに貯めたポイントはグラブタクシーと提携しているサービスの商品と交換することができます。オンラインショッピングや航空券の割引や、ジョリビーや31アイスクリームなどの無料券と交換することができるのです。

フィリピンのグラブタクシー(GRAB)はウーバー(UBER)を買収して一人勝ちに。

以前フィリピンでは配車タクシーといえばグラブタクシー(GRAB)かウーバー(UBER)でした。

しかし競争が激しくなり、さらにはフィリピン政府の制裁などで困っていたウーバーをグラブが買収しました。これによりウーバーはグラブの株を27.5%も保有するようになりました。ウーバーは賢く撤退したのですね。(ちなみにこの2社とも孫正義率いるソフトバンクが大口の出資をしています。)

こういった経緯によって今フィリピンの配車サービスといえばグラブタクシー一本となってしまいました。最近では新しく数社がフィリピンで配車サービスを始めましたが、グラブ網が凄まじく発達したフィリピンでは他社が入る隙は微塵もないでしょう。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です