フィリピンで超有名人家族に出会った話

スポンサーリンク

先日フィリピンのBGC、通称ビッグ・ギャランドゥー・シティ内で日本でも有名な31アイスクリームを店内でムフフ♡と味わっていた時の話です。

店内には3つのテーブル席があり、一番奥には中国人カップル、真ん中の席は空席、出入り口に一番近い席には僕アンジーが一人寂しくトリプルに重ねられたアイスをニヤニヤしながら食べていました。

そこへ肩にフラメンコを模した人形のようなものが付いたヒラヒラドレスを着た超美人女性と、常夏のフィリピンで長袖の革ジャンを着た超イケメン男性と、天使のような全身真っ白な服を纏った少女と、家政婦とは思えないほどなりの整った女性が颯爽と入店してきました。

とんでもないオーラの人たちが店にやって来たと思い、中国人カップルのほうを見てみると、彼らもその家族が放つオーラの異常具合に畏怖しているようでした。

いったい誰なんだこいつらは……………..

僕は彼らを視姦と間違われても仕方がないくらいの勢いで凝視していましたが、結局彼らが何者なのか皆目見当が付かずクラッシュオブクランを開き、敵の村を攻めることにしました。

しかしクラッシュオブクランを開いた刹那、入店してきた女性3人が、心霊スポットで白い服を着た女性を見たときに出る悲鳴のような声で「キャーーーーーーーーーーーーーーつつっっっっ!!!!!!」と叫びました

彼女たちが叫んだ理由はもやは明確だ。間違いない。これはあの人たちが有名人だからだ。

聡明な僕はすぐさま現在起きている出来事を頭の中で整理し、満を持して両手で握られているiphoneを利き手である右手に持ち直し、鬼の形相でsafariを開き「フィリピン 有名人」で検索しました。

するとどうでしょうか。何個かホームページをみてみると、目の前にいる女性がネット上にいるではないでしょうか

マリアンリベラ、そしてディンドンダンテス

この人たちだ

鬼の形相でスマホの画面と自分たちの顔を交互に見てくる外国人男性を目撃した彼らは何を思ったでしょうか

新手のテトリストだと思ったに違いありません。

しかし当の僕は目の前の有名人をテレビで一度も見たことがないし、ネット上で見ても実物で見ても全く知らないため、店内で一人冷静を保っていました。

ただ、周りにいる人たちのリアクションが異常なくらいハイだったため、僕の鼻息は荒くなっていってしまいました

アイスクリームを食べている外国人の鼻息が徐々に荒くなっていくのを見て彼らは何を思ったでしょうか

行き過ぎたファンが数秒後に自分たちを刺してくると思ったに違いありません。

しかしものの数十秒で店内にはマリアン・ディンドンに気がついた野次馬達が大量に入ってきて、外には店内の喧騒具合が気になる野次馬で溢れていました。

聡明な僕はマリアン・ディンドン家族が予想以上にフィリピンでは有名なのだと悟り、SNSで自慢するため写真を一緒に撮ってもらおうと試みましたが、既に彼らの周りには写真目的のフィリピン人女子達が集っており、そこに入って行く勇気はありませんでした。

写真をあきらめ、店の外へ出ると、マリアンが出てきたのではないかと勘違いしたフィリピン人女子達に視姦されてしまい、童貞の僕は軽く失禁しました。

そして数日経った今、改めて写真を撮っておけばよかったと後悔していますが、なぜあれだけ有名な彼らがアイスクリームを店内で食べていたのかが気になります。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です