フィリピンで固定回線のWIFIを契約した結果、異次元的に生活が快適になった話。契約方法や設置期間、料金など

フィリピンのインターネットは雑魚、フィリピンのインターネット環境はオワコン。

こんなことを言われ続けて何年が経つでしょうか。

分かりますよ、分かります。やっぱりフィリピンのインターネット環境ってネックなんですよね。

実際僕も数年間フィリピンのインターネットにはストレスを感じ、十円禿げになる手前まで来ていましたからね

しかしPLDTの固定回線を契約してからは世界が一気に変わり、ネット環境でストレスを感じることはほとんどなくなりました。

皆さんも今持っている貧相なポケットwifiを思いっきり地面に投げつけ破壊し、今すぐに固定回線を契約しに行きましょう。

では今回はフィリピンの固定回線の契約方法やどのプロバイダと契約するべきなのかを詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリピンで固定回線のwifiを契約する方法!おすすめのプロバイダはGLOBEですが、PLDTも悪くない!

フィリピンのポケットwifiは通信速度が遅く、安定しない上に通信制限があるからやめるのが得策

フィリピンのポケットwifi使用暦2年の僕が言いたいのは、ポケットwifiは不便だということです。無いよりはいいかもしれませんが、最近では一日800MBが最大という制限もついて、圧倒的に使えなくなってしまったのです。

800MBはどのくらいかというと、画質が中くらいの映画の半分くらいで終わってしまうほどの小ささです。今の時代、高画質で動画を観ることができるので、あっという間に通信制限がかかってしまいます。

基本的にポケットwifiだと一番高いプランで一ヶ月999ペソのものですが、毎月制限ありの999ペソを払うくらいなら固定回線を契約したほうが断然お得ですし、快適です。

ただ、下でも詳しく紹介しますが、固定回線の契約にはフィリピンに在住している必要がありますので、一時的にフィリピンに来ているという方はホテルのwifiと併せてポケットwifiを利用するというのはアリだと思います。

フィリピンの固定回線のプロバイダの一番のオススメはGLOBE、2番手にPLDT、絶対契約するべきでないSKY CABLE

フィリピンには固定回線の大手プロバイダーが以下3社あります。

・GLOBE
・PLDT(SMART)
・SKY CABLE

SKY CABLE

まずSKY CABLEですが、wifiを重視した場合、論外な選択肢になります。フィリピン国内ではSKY CABLEの通信速度の遅さやサービスの悪さなどは周知の事実であり、オススメはできないプロバイダです。

ただ、フィリピンローカルのテレビ番組や諸外国の番組を観たいという方はSKY CABLEのケーブルテレビ見放題というプランがあるので、そういった目的でSKY CABLEを選ぶのはアリかと思います。

GLOBE

2018年の固定回線プロバイダの中では最もオススメできるのがGLOBEです。

GLOBEは有名な通信会社で、僕のスマートフォンのSIMカードはこのGLOBEのものです。通信は非常に安定していて、お得なプロモーションも充実しています。

そんなGLOBEの固定回線は通信速度が速く、非常に安定しているということで定評があります。

また、プランの種類も多く、自分に合ったプランを見つけることができます。

https://shop.globe.com.ph/broadband

また、GLOBEはサポートが良いともよく聞き、ルータなどに問題が発生した時に素早い対応が期待できます。また、障害などで一時的にインターネットが使えなくなるといった事象もほとんど起こらないということです。

PLDT

PLDTは僕が契約した会社です。PLDTは子会社に携帯会社で有名なSMARTを持つ大きな会社です。昔は主に固定電話を商いにしていたPLDTでしたが、近年では固定電話からwifiなどのインターネット通信業に力を入れているようです。

PLDTはフィリピン国内ではそれなりの評判を誇っていますが、PLDTは良くないと聞いたことがあったので、躊躇していました。

しかし実際に使ってみると、大大大満足といえるほどでしたので、皆さんにも是非オススメしたいプロバイダとなっています。

プランもGLOBE同様にたくさんあり、自分の利用環境に合ったプランを探すことができます。

PLDT固定回線のファイバー(FIBR)のプラン

https://pldthome.com/fibr

PLDT固定回線のDSLのプラン

https://pldthome.com/dsl

フィリピンの固定回線の契約に必要な書類

フィリピンの固定回線を契約するには、基本的にフィリピンに住んでいることが前提条件になります。しかしながら僕がPLDTの契約をした際は、パスポートをメールで担当者に送るだけでした。ACR-Iカードなどの他の身分証明証の提出の必要はありませんでしたが、店舗に出向いた際は、パスポート以外にも様々な書類が必要と言われたので、そこら辺は担当者によってさじ加減が変わってくるのかもしれません。

以下が正規の契約に必要な書類です。

・契約の申込書
・パスポート
・ACR-Iカード

通常、上記の書類全てが必要になりますので、基本的にはフィリピンに在住の人ではないと契約はできないということですね。また、1年分の料金を一括で支払うと提出書類が少なくなったりするそうですが、そこら辺は詳しくは分かりません。

自分の家が通信対象エリアなのかを確認する必要がある

日本でも光回線に対応していない地域があるように、フィリピンでもLTEやFIBERの通信に対応していない地域では残念ながら選択肢がDSLしかありません。DSLでも十分に使えますが、どうせ契約するなら通信が速いに越したことはないです。

PLDTやGLOBEには対象の地域がFIBER通信やLTE通信に対応しているかチェックするツールがあるので、申し込む場合は、一度チェックしておきましょう。

GLOBEのエリアチェック
https://shop.globe.com.ph/products/broadband/plan-1899?option=8604

PLDTのエリアチェック
https://shop.pldthome.com/Home/UlteraCoverageChecking?planId=2908

スポンサーリンク

フィリピンの固定回線の設置手順

僕が契約したPLDTの場合ですが、大まかな設置までの手順は以下のようになります。

1.申込用紙や必要書類を担当者に提出する。

まずは必要書類と申込用紙を担当者に提出する必要があります。

担当者というのは、店舗へ行けばすぐに会うことができます。道端に立っている通信会社の職員などももちろん日程を組んでくれる担当者になります。

ここで気をつけておきたいのは、担当者によってやる気が違ったり、必要提出書類が違ったりすることです。やる気がない担当者に当たってしまったら、他の店舗へ行きましょう。

2.担当者からの連絡を待つ

最近はフィリピンでもインターネットが爆発的に広がっていますので、固定回線の契約数はうなぎ登りに多くなっています。そのため、申し込んでから設置までかなりの日数を要することがあります。

そのため、担当者にはドン引きされるくらい催促のメールを何度も送りましょう。

怒ってるかな?と相手に思わせるくらいの文面で急がせてやるのがコツです。

3.エンジニアが部屋にやって来る

ついに待ちに待った固定回線導入の日です。

恐らく設置は固定電話合わせて1時間程度で終わるでしょう。

僕は1899ペソのプランをPLDTで申し込みましたが、当日、エンジニアから3000ペソの賄賂で3999ペソのプランと同じ速度にしてやるよ、ふふふ と言われましたが、本当に速度が上がるのか甚だ疑問だったので、丁重に断りました。今考えると勿体無かったような気もしますが。。。

4.設置が完了したら、固定電話で作業完了の報告をカスタマーサービスにする

設置が完了したら、接続には問題がないかなどの確認が行われます。

ここで少しでも違和感を感じたら積極的に指摘しましょう。エンジニアが帰ってしまったら、次にやってくるのは数日後なので、初期不良は血眼になって探しましょう。

これで何も問題がなければ、終わりです。

日本の固定回線とフィリピンの固定回線の比較

日本では5000円ほど払えば通信速度が速く、非常に安定した光回線を利用することができます。実際動画のダウンロードやリアルタイムのゲームも日本の光回線を使えば何のストレスもないでしょう。

ただフィリピンの固定回線も同様に5000円くらいのプランを選べば、日常生活の通信には全く困ることはなくなります。特にここ数年でフィリピンのインターネットインフラは整ってきていますので、ネットが急に使えなくなるという事態も少なくなってきています。

フィリピンの固定回線を契約すると通話料無料の固定電話も無料で付いてくる

フィリピンでは大手通信会社の固定回線を契約した場合、固定電話が付属してきます。利点は固定電話の通話料金が無料だということです。どれだけ電話してもお金がかからないので、かなりお得です。

またフィリピンでは大きな契約をする際などには固定電話が必要になってくる場合が多々あります。そのような時に無料で付属する固定回線の電話番号があることは非常に便利です。

また、大手レストランやファストフードのデリバリーには固定回線用の電話番号を用意していることが大半ですので、デリバリーを頻繁に利用する人にとってはかなり便利なのです。

しかしフィリピンの固定回線からは携帯電話に電話することは出来ず、固定回線にしか電話を掛けることができないので、携帯電話に電話を掛けたい場合は、別途モバイルのSIMカードが入った携帯電話が必要になります。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です