フィリピンでは花粉症を発症しないらしいが、鼻水がだらだら出てくるこの症状は何?

僕には先天性の花粉症があります。母親から生まれてコンマ数秒後にはスギの花粉に反応し、泣くより先にクシャミをするという伝説を残し、赤ちゃん界のレジェンドとして称えられてきました。

小学生の頃は花粉症のピークで、毎日鼻の下と目を真っ赤にしながら学校へ通っている小学生を見て先生達は何を思っていたのでしょうか。間違いなく何かの障害を持っている児童だと思われていたでしょう。

そして僕はいつからか花粉が多くなる春と秋を人の数倍嫌うようになっていたのです。

花粉も末期になると鼻水だけではなく、粘膜にダメージを受けすぎたせいなのか鼻血が出てくるのです。友人が「いや〜花粉キツいわ〜、マジで鼻水止まらん」と花粉アピールをしてきた際には、「分かるわ、俺もマジで鼻血が止まらん」と言い放ち、花粉マウントを取ってきました

本当に花粉は迷惑ですね。

それでは花粉はここフィリピンでも存在するのでしょうか?というか厳密に言うと、花粉は存在しますが、フィリピンでも花粉症が発症するのか否かということですね。

花粉症持ちの方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

フィリピンで花粉症は発症するの?スギの花粉はない!?

フィリピンにスギの木はないため、スギの花粉持ちには楽園

フィリピンにはスギの木がないため、もちろんスギの花粉は飛んでいません。

日本では多くの人がスギの花粉に悩んでいるため、スギの花粉症を持っている方はフィリピンに避難してくると快適に過ごせるでしょう。

ただ、日本でも沖縄などの先端ではスギの花粉が飛んでいないため、花粉の避難場所としてフィリピンを選ぶのはあまりお勧めしません。

日本ではスギの花粉を持つ人がかなり多く、スギは花粉症の人にとっては怨みしかないですが、もちろんスギ以外の植物も花粉を出します。フィリピンには植物が多いので、特定の人にとってはフィリピンだからといって花粉症を回避できるわけではないでしょうね。

フィリピンでは花粉症よりもアレルギー反応に気をつけましょう

フィリピンで花粉症を発症する人は珍しいのですが、空気が悪いフィリピンのマニラではではアレルギー反応を起こし、鼻からは鼻汁が止まらず、目からは涙と血が絶え間なく出てくるという人が続出しています。

さらには建物内にもホコリがたくさんあるため、ホコリアレルギーを起こす人もいるようです。

フィリピンに来て花粉症を発症しないとドヤ顔をしていても、ある日花粉症以上のとんでもないアレルギー症状が出る可能性もありますので、注意しておきましょう。

花粉症やアレルギー対策のため、日本から大量の目薬を持っていきましょう。

花粉症やアレルギー持ちの人にとっては目の救いとなる目薬ですが、フィリピンで目薬を買うのは非常に面倒です。また、モールなどにも日本で市販されている目薬が売られていますが、法外な値段で売られているため、フィリピンではなく、日本から大量に目薬を持参することをオススメします。

あるフィリピンにあるモールでは日本で300円くらいで売られている市販の目薬が800ペソ(2000円ほど)で売られていたので、ぼったくりもいいところです。日本から持ってきたものを売っているんでしょうが、さすがにフィリピンで買うのはもったいないですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です