【最強】フィリピンのアリ(蟻)はこの方法で撃退だ!対処法を紹介

フィリピンには蚊やゴキブリが多く存在し、日常生活に躊躇なく割り込んできます。

ゴキブリは家で大量に繁殖すると取り返しのつかない程に家が荒れてしまいますし、蚊はデング熱などの病気を運ぶ厄介な虫でもあります。

しかし上記の虫に匹敵して厄介なのがアリ(蟻)です。

そんなフィリピンのアリの対処方法を今回は紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリピンのアリ(蟻)を退治する方法。対処法

フィリピンのコンドミニアムや家にはたくさんのアリがいる。

フィリピンの住居にはアリがたくさんいます。特に古い建物だとどこにでもいます。自分の部屋に居なくても他の部屋に居ることもあります。

ゴキブリは家をもの凄い荒らしますが、アリも増殖すると手に負えなくなるほど家を荒らします。フィリピンには小さいアリと少し大きめのアリが一般的ですが、少し大きめのアリだと、噛まれると激痛が走りますので、見つけたら速攻対処するべきです。

そしてアリはたとえコンドミニアムの高層階でも平気でいますので、注意が必要です。

フィリピンのアリにはフィリピンの殺虫剤Baygonが有効らしいので試してみました

以前に部屋にゴキブリが大量発生してしまったときに活躍したバイゴン(Baygon)という、フィリピンでは非常に有名な殺虫剤があります。

なんとゴキブリ用のみならず、アリ用のバイゴン(Baygon)も販売されているようで、急いで買いに行きました。値段は一本300ペソほどと少し高価ですが、アリ退治のためには仕方がありません。満を持して2本買いました。

家に帰り、ドヤ顔でアリの巣にバイゴンをたんまり吹っ掛けてやりました。そしてなんとバイゴンをかけた瞬間、アリ達が一瞬でひっくり返って死にました。なんという効果!!

アリはフェロモンを出して仲間とコミュニケーションをとっているそうで、この部屋は危険だということを共有したのか、バイゴンをかけてから数日間はアリを見ることはほとんどなくなりました。

しかし一週間ほど経つと、再びポツポツ現れ始めましたので、この繰り返しによってアリと戦っていくしかないと思います。

日本のアリ退治用品も有効らしい

日本の食材店などで売られているアリ退治用品もかなり有効なようです。

アリの野郎は外に出払っている奴らだけでなく、巣の中にもたくさんいます。外に出ているアリだけを倒しても巣の中から次々と出てきてイタチごっこになってしまうため、巣から根絶させなければならないのです。日本のアリ退治用品はこの巣からじわじわと滅するタイプが多いため、非常に役に立つのです。

特に設置タイプが多いので、置いておくだけで退治できるのはうれしいですよね。

フィリピンのアリは家の中の食べ物を食らい尽くすため、早めに退治しよう

フィリピンに限らず、アリは家の中の食べ物や飲み物を食い荒らしてしまいます。

さらには壁などに穴を作り、家の至る所を破壊していきます。長く放置しておくとどんどん悪化してしまいますので、早めに対処しましょう。

そして聡明な僕はこんな素晴らしい発見をしてしまいました。

なんと普通のコーラには大量のアリが寄ってきているのに対してコーラゼロにはアリが全く寄ってこなかったのです。これは衝撃の事実です。

この発見にはあのコロンブスさえも腰を抜かして驚くでしょう。

世紀の発見に興奮が止まりませんでした。

 

よろしければFacebookのフォローをお願いいたします^^

アンジーのフェイスブックページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です